体験版

環境設定が終わりましたら必ず体験版で動作確認をしてください。

 

有料版を買った後に

・ツールが動かない

・思っていた機能と違う

ことを極力避けるために、体験版の導入をお願いします。

※体験版は「ノーマル」版の機能を制限したものです。

 

ツールの取得

以下のフォームから体験版が取得できます。

利用期限は1週間、機能制限がついています。

 

 

フォーム送信後にメールが届きます。

届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

メールにある体験版保管URLにアクセスしてください。

保管場所には「dist」フォルダがあります。

丸ごとダウンロードしてデスクトップにそのまま配置してください。

 

使用するファイルは2種類です。

①ツール本体 :Trial_tool.py

②分析用表計算ソフト(エクセル) :Analyzer.xlsm

①・②以外のファイルは削除・編集などしないでください。

ツールが起動しなくなります。

 

ツールの起動と実行

WindowsとMacでツールの起動が異なります。

ツール起動後の使い方は共通になりますので、最後までお読みください。

 

--(Excelがない方)--

エクセルをお持ちの方は飛ばしてください。

フリー表計算ソフト:Libreに対応させております。

公式ホームページよりLibreofficeをダウンロードしてインストールしてください。

https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice/

 

--Windowsの方--

①コマンドプロンプト(黒い画面)を開いて以下のコマンドを入力します。

where python」 → エンターキー

環境設定で導入したPythonプログラムの保管場所が表示されます。

末尾"python.exe"の直前までのアドレスをコピーします。

例)C:¥Users¥botassistant¥AppData¥Local¥Programs¥Python¥Python37-32¥python.exe

 

 

②「dist」フォルダ内にあるTrial_tool.pyを右クリックします。

 

③【プログラムから開く】

→【別のプログラムを選択(または規定のプログラムを選択)】

→【このPCで別のアプリを探す(または参照ボタン)】

を選択すると小さなウィンドウが出てくるので、アドレス欄に②で取得したアドレスを入力します。

 

④"pythonw.exe"をダブルクリックします。

※python.exeの w が付かないものがありますので、間違えないように注意します。

 

⑤「dist」フォルダ内にあるTrial_tool.pyをダブルクリックします。

※以後ツール起動するときは①~④の手順は不要です。

小さな画面が出てきたらツールが立ち上がっています。続きの説明はMacの方の下にあります。

 

--Macの方--

①ターミナル(黒い画面)を開きます。

②「cd desktop/dist」 →エンターキー

→プログラムファイルがあるところに移動するコマンドになります。

コマンド補足説明:cd は「change directory(チェンジディレクトリ)」を意味し、半角スペース後にディレクトリ(フォルダ)名を入れてプログラムの保管されている場所を見ていることを示します。

③「python Trial_tool.py」 →エンターキー

→プログラムの実行コマンドになります。

※Macはターミナルからしかツールを起動できないので、上記2つのコマンドは覚える必要があります。

 

--Windows/Mac 共通--

①バイヤートップページのURLをテキストボックスに入力して「検索開始」ボタンをおします。

バイヤートップページのURLとは 末尾が[数字.html]になっているものです。

例)https://qa.buyma.com/bm/about-buyma/000000.html

 

②コマンドプロンプト、あるいはターミナル(黒い画面)を見える位置におくと進捗がわかります。

③ツールが終了したら[Analyzer.xlsm]エクセルを立ち上げ、「データ取得」ボタンを押します。

④取得したデータからアイテム分析を行います。

更新日:

Copyright© ボットアシスタント , 2020 All Rights Reserved.