ノーマルの一般的な使い方を説明しています。

皆さんのリサーチスキルによって様々な調べ方ができるため汎用性の高いツールになります。

独自の検索方法を見つけてください。

 

情報を取得

ツール本体 :YY_Tool_N_***.py (***はバージョン番号)を立ち上げます。

①アイテムランキングページURLをテキストボックスに貼り付け、「検索開始」ボタンをおします。

※アイテムランキングページURLとは、人気順120ランキングページ(商品一覧)のことです。

例)ルイヴィトン

https://www.buyma.com/r/_LOUIS-VUITTON-%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%B3/-C1001O1/

 

※高度な使い方:カテゴリを絞ってからURLを入れることも可能です。

→たとえば「ルイヴィトン」+「レディース」+「モノグラム」で絞ったURLを利用すると、メンズやモノグラム以外などの不要な情報がカットされた状態で情報取得ができます。

より洗練された情報を得たいときに有効的です。

例)「ルイヴィトン」+「レディース」+「モノグラム」で絞ったURL

https://www.buyma.com/r/_LOUIS-VUITTON-%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%B3/-C1001/model:MONOGRAM%20EMPREINTE/

 

 

③ボタンを押すとプログラムが実行されます。

この時、応答なしの表示やマウスポインタがクルクル動く場合がありますが裏でプログラムが動いています。

Windowsの方:コマンドプロンプト

Macの方:プログラム動作確認画面

見える位置におくとプログラム実行状況がわかります。

 

④コマンドプロンプト、あるいはプログラム動作確認画面に「終了しました」と表示があれば情報取得完了です。

 

分析シートに表示

①エクセル:ZZ_Analyzer_***.xlsm(***はバージョン番号)を開きます。

※マクロの有効化を求められた時は許可します。

※アクセス権の許可を求められた時は許可します。

 

②「データ取得」ボタンを押すと、データが分析シートに反映されます。

※販売履歴などの空白はプレミアム専用項目になるためノーマルでは空白です。

 

 

分析例

基本となる分析方法を紹介します。

あくまで一例なので、この方法を参考に独自の分析方法を確立してみてください。

※【考察】は1つの視点と捉えてください。

 

「フィルター」「並び替え」機能を使って行います。

「フィルターOn/Off」ボタンを押すと、フィルタータブがでます。

 

—分析例①:「出品日」を新しい順に並べ替え—

出品日(H列)のフィルターボタンを押して、<降順>にします。

出品日の浅い順(最新順)になります。

【考察】

ランキング順位 + 最新順 => 出品してからお客様の反応が速いアイテム

 

—分析例②:「問い合わせ日時」を1週間以内に絞込み—

お問い合わせ(J列)のフィルターボタンを押して、<色で並べ替え>を選びオレンジ色を選びます。

一週間以内にお問い合わせがあるもののみに絞られました。

【考察】

ランキング順位 + 一週間以内に絞り込み => お客様の関心度(活性度)が高いアイテム