分析方法

基本の分析方法の紹介です。

【大きな特徴】

・バイマサイトにある全ブランドからトレンド傾向を掴む分析ができます。

・”まさに今”のトレンドを掴むための最速情報:最近売れたアイテムを使ってブランドの勢いが分析できます。

・あるフィルター条件にすることでブランドのブランド流行の未来予測ができます。

 

ブランドツールで取得したデータは

高確率で受注につながるアイテムを出品」

「ライバルバイヤーが限りなく少ない状態での高利益アイテムを出品」

「爆発的トレンドが予想されるブランドの早期発掘と市場制圧独占状態)する出品」

を目的にしています。

 

【リサーチノウハウ】

見るべき情報と考え方です。

さらに自身で情報と考え方を組み替えれば、精度の高いリサーチ方法を見つけることができます。

 

【分析方法】

一般的な例ですので、紹介する方法を参考に独自の分析方法を確立してみてください。

「フィルター」「並び替え」機能を使います。

「フィルター」ボタンを押すとタブが出現します。

自分がまだ知らない
人気ブランドを探す

【リサーチノウハウ】
世界的に有名なブランドを全て知ることは難しい。日々、人気は変化しています。
有名かを知るには一つ一つブランドページを確認しますが、膨大な時間とクリック労力がかかり大変です。
売れるブランドは特徴があります。
つまりポイントを絞って探せば、自分の知らなかった有名ブランドに出会えます。
シーズン・イベントごとのトレンドブランドも分析可能

【分析方法】

①確認したいカテゴリを<色で並べ替え>して、ゴールド(10個)とアクア(8~9個)を選択します。

「最近売れたアイテム」が多いブランドのみに絞られます。

 

②人数「3」のチェックを選択します。

③バイヤーが3人:満席で

売れているアイテム数が10個ならば、人気ブランドになります。

戦いやすいブランド
を探す

【リサーチノウハウ】
知名度のあるブランドにはすでに強力なバイヤーが存在しています。
参入しても販売につながらない・売れても利益が出ない戦いになりやすい。
消耗戦を避け、できるだけ自分の戦いやすいフィールドを見つけた方が良い考え方でブランドを探します。

【分析方法】

①確認したいカテゴリを<色で並べ替え>して、ゴールド(10個)とアクア(8~9個)を選択します。

「最近売れたアイテム」が多いブランドのみに絞られます。

 

②人数「3」のチェックを外します。

③ライバルバイヤーが少ない状態(3人:満席ではない)で

売れているアイテム数が8~10個のものが穴場ブランドになります。

高利益・市場独占できるブランド
を探す

【リサーチノウハウ】
誰よりも早くブランドに目をつける。
ブランドが成長する初期のタイミングでアイテムを扱っていれば、出品価格は自由に設定できます。
また、ライバルが少ないので、価格変更の消耗戦に巻き込まれにくい。
未来を予測した出品をしていきます。

【分析方法】

①確認したいカテゴリを<色で並べ替え>して、ゴールド(10個)とアクア(8~9個)を選択します。

「最近売れたアイテム」が多いブランドのみに絞られます。

 

②人数「3」のチェックを外します。

③ライバルバイヤーが少ない状態(3人:満席ではない)で

売れているアイテム数が3~7個のものが未来のトレンド可能性を秘めたブランドになります。

★つまり、まだ知名度はないが水面下で人気が出始めてきたブランドの可能性が高い

ツールを素早く使いこなすために

2つの設定をしておくと、毎回の検索作業が素早く・簡単になります。

ぜひ、設定しておいてください。

ブックマーク登録

ツールを開いた状態で、画面右上あたりにある「☆」マークを押します。
名前をわかりやすく「ブランドツール」として登録しておけば、ブックマークバーからすぐにツールを呼び出すことができます。

オートコンプリート機能ON

ツール内の入力ボックスをクリックすると入力履歴が表示されます。
メールアドレスなど毎回打つ必要がなくなります。