プレミアムの一般的な使い方を説明しています。

ターゲットバイヤーを直接分析するため丸裸にできます(過去から現在まで)

・出品価格の設定目安、最安値の確認できます

 

情報取得(バイヤー分析)

ツール本体 :YY_Tool_P_***.py (***はバージョン番号)を立ち上げます。

①バイヤートップページURLをテキストボックスに貼り付け、「検索開始」ボタンをおします。

 

※バイヤートップページURLとはバイヤーの基本情報が載っているページのことです。

例)★HEAVEN★さま

https://www.buyma.com/buyer/409568.html

 

 

 

 

 

 

 

②ボタンを押すとプログラムが実行されます。

この時、画面が止まっている、マウスポインタがクルクル動くようになります。

この場合、

Windowsの方:コマンドプロンプト

Macの方:プログラム動作確認画面

見える位置におくとプログラム実行状況がわかります

 

③コマンドプロンプト、あるいはプログラム動作確認画面に「終了しました」と表示があれば情報取得完了です。

 

分析シートに表示(バイヤー分析)

①エクセル:ZZ_Analyzer_***.xlsm(***はバージョン番号)を開きます。

※マクロの有効化を求められた時は許可します。

※アクセス権の許可を求められた時は許可します。

 

②「データ取得」ボタンを押すと、データが分析シートに反映されます。

 

分析例(バイヤー分析)

基本となる分析方法を紹介します。

あくまで一例なので、この方法を参考に独自の分析方法を確立してみてください。

※【考察】は1つの視点と捉えてください。

 

「フィルター」「並び替え」機能を使って行います。

「フィルターOn/Off」ボタンを押すと、フィルタータブがでます。

 

—分析例①:「販売履歴」で絞り込み—

商品URL(E列)のフィルターボタンを押して、<色で並べ替え>を選び水色を選びます。

販売履歴に載っているアイテムのみに絞られます。

【考察】

ランキング順位 + 販売履歴で絞り込み => 販売実績があるため何かしらの話題があるアイテム

 

—分析例②:バイヤー分析シート—

Sheet1に情報を取得した後に「バイヤー分析シート」に移動します。

 

「分析ボタン」を押します。

 

オレンジグラフ(上):月別で販売数の推移を見ます。

ホワイトグラフ(下):日別で販売数の推移を見ます。

【考察】

オレンジグラフが右上がり = 販売実績が伸びている勢いのあるバイヤー => モデリングバイヤー

 

 

情報取得(価格分析)

①やることは「BUYMAサイトで検索すること」と一緒で、キーワード欄に検索キーワードを入れるイメージをしてください。

 

②ツールのテキストボックスにキーワードを入力して、「検索開始」ボタンをおします。

※英数字以外を入力しようとすると表示されない場合があります

その場合は、

・変換ボタン(スペースキー)を押す

・別のところでキーワード入力しておき、コピペで貼り付ける

で対応してください。

 

③コマンドプロンプト、あるいはプログラム動作確認画面に「終了しました」と表示があれば情報取得完了です。

 

分析シートに表示(価格分析)

「価格分析」シートに移動して、「価格分析」ボタンを押すとデータが分析シートに反映されます。

 

分析例(価格分析)

あくまで一例なので、この方法を参考に独自の分析方法を確立してみてください。

※【考察】は1つの視点と捉えてください。

 

—分析例①:最安値の確認—

価格(F列)のフィルターボタンを押して、<昇順>を選びます。

安い順にアイテムが並べ変わります。

【考察】

キーワード + 安い順に並べ替え => 同じ出品アイテム(ライバル)の最安値がわかる